塩田がオオミズスマシ

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはまた嬉しいですね。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくインプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。

だから歯が取れるのではと心配する必要はありません。

人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらいしっかりした構造になっています。

もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。

特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保する問題が生じます。

美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもインプラント治療のリスクが増大します。

ただし、これらの既往症があってもインプラント治療ができないわけではないため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。

けれども歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその費用もみておかなければなりません。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯科医に診てもらうことになります。

メンテナンスの費用は基本的に保険が適用されるので三千円くらいかかります。

標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を用意しておきましょう。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に適用されるのがインプラント治療です。

グライバルの口コミが凄い!効果は本当か?
チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それからセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

費用がかかることは確かですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。

このため、歯科医院を探すときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、キーポイントの一つです。

近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をきちんとホームページに載せている歯科医院も確実に増加していますので、まずはそこを見てください。

他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクをゼロにすることはできません。

どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという審美的な問題が起こることもあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はともかく慎重に決めてください。

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた優れた歯科医を探したいならば、日本だけでなく、海外の歯科医を探すことも考えるべきです。

インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

インプラント治療で、失った歯を取り戻すためにはすぐにあきらめることなく、可能な限りの情報を集めるしかありません。

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、入院して手術することはまれです。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。

また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院して手術するケースも実際にあります。

もし、自分が該当すると思われるなら長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば普通は再手術しか手段はなく、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療ができるようになっています。

現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探すことが必要です。

コメントする