レノだけどナベツネ

インプラント治療を始める前に治療費が気になるのは当然です。

現実には、治療費といっても統一されておらず、歯科医院によってずいぶん違っています。

なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

それでも、相場はあると言えます。

インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが一般的です。

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、麻酔のために入院することはまずありません。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。

また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院して手術するケースも実際にあります。

自分が当てはまるという方は、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

典型的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というプロセスをたどります。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、おおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

インプラントについて、簡単に説明すれば何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯のことです。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根からあごの骨に埋め込んでいるので自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療費が高額になることは問題点です。

インプラントは決して虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいとは言えません。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病を引き起こすこともあるのです。

残っている自分の歯と同じく、歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、セルフケアは欠かさないようにしましょう。

異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。

高くついた場合、数十万円にもなることも珍しくありません。

加えて、治療が失敗してかなり深刻な問題が起こることもあるという重大な問題もあります。
モテフィットの口コミや効果が凄い!本当?徹底検証!

ごくまれなことですが、死亡事故も実際に報告されています。

ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントではしっかりと噛むことができ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもけっこう大事なメリットの一つです。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい強度を備えています。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といったいろいろな検査を実施し、その結果を見て本格的に治療をすすめていくので安心して治療を受けることができます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを欠かさず継続することで長い間、問題なく使うことが可能になります。

インプラント手術の未経験者にとってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

今では、どこで手術を受けても強い痛みを感じることはないと思ってください。

麻酔が効いたことを確認した上で埋入手術を始めるためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によってだんだん痛くなってくることもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材から作られています。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費を覚悟しましょう。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくとベストだと思います。

コメントする