ゴールデンハニードワーフグラミィのMartinez

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

骨との親和性が高くアレルギーの発症例も少なくなっています。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的に治療をすすめていくので安全性を確認しながら治療を受けられます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを欠かさず継続することで安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

インプラント治療には隠れたメリットがあります。

治療中でも、治療後もそれとわかることはめったにありません。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く義歯に見えない自然さでこの歯はインプラントだと自分でいわなければもしかしたら義歯かと思われる心配も考えなくて良いのです。

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には優先したい治療方法ですね。

インプラントの特徴として永久に虫歯から免れますが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。
ピンクゼリーてどうなの?口コミや販売店を徹底検証!

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスを忘れることはできません。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察してもらわなければなりません。

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、その条件はとても厳しいのです。

ほとんど全て自費診療だというのがどうしても高額になってしまう原因です。

安い材質、安い治療で済ませても十数万円、難しいケースでは費用はその数倍に及ぶことを覚悟した上で始めなければなりません。

これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。

かなり専門性の高い外科的治療を要するので、様々な症例を診てきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。

それにとどまらず、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも重要なチェックポイントになります。

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根部が残っているかどうかの違いです。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が健全であれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンをかぶせることが可能です。

しかし、根から抜いた場合はまず考えられるのは入れ歯ですが、その他に失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。

インプラント治療の問題点を広く調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという話があったのではないでしょうか。

それは本当のことではありません。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

金属があれば、そこは乱れて映ります。

ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているのでチタンの特性として、磁気には反応しないためなので、MRI検査には影響ないと考えてください。

インプラントの利用を考える際に、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、どうなると言い切ることはできず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

歯科で鎮痛剤の処方を受け、患部を冷やすなどの処置をとっても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。

長く根気のいるインプラント治療。

しかし、やっと治療期間が終わったといっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。

インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、どうしても自分次第のところがあります。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、その通りのケアを心がけてください。

治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。

さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。

治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前はしなかった口臭がするようになったということもたまにあるということです。

これはなぜでしょうか。

一つには、義歯と歯茎の間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっている場合もあり、単なる口臭と侮れません。

より深刻な事態を食い止めるためにも、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。

コメントする