西方と倉橋

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるので成功例ができるだけ多い、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。

それだけでなく、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども後悔しない歯科医選びの決め手となります。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、それも皆無とはいきません。

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、噛んでいるとグラグラしてしまうというケースも稀に報告されています。

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足のせいといえるでしょう。

インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科で治療を受けるようにしましょう。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗してもやり直しできないことが多い点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、普通は再手術しか手段はなく、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
ビダンザゴーストの口コミや効果を徹底検証!

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

人工歯根を埋め込んだことで、その他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどなので、気にしないでください。

別の原因が隠れていることもあり得るため、インプラントがなじむまでの間は特に、間を置かず歯科医の診療を受けることを忘れないでください。

歯科治療の一環として、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。

治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目を損なってしまう問題もあります。

失敗の可能性を少しでも下げるためにまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

インプラント治療の問題点を皆さん、入念に調べたと思います。

その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという問題はありませんでしたか。

それは本当のことではありません。

確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので磁気に反応しない性質を持っていてMRI検査への影響はありません。

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも珍しくありません。

また、治療の失敗内容によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性があるリスクも背負っています。

障害が残るばかりか、治療が原因で死亡することも過去にはありました。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、インプラントの埋入まで行けないこともあります。

しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。

歯科医の腕と設備次第で、従来はできないといわれていた症例でも治療できるところが増えてきました。

現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探すことを勧めます。

人工歯としてのインプラントは当然、虫歯にはなりませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスはずっと続きます。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。

放置すると炎症が広がるので早急に診察してもらわなければなりません。

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、口の臭いが気になるようになったケースがたまにあるということです。

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているという可能性もあるのです。

より深刻な事態を食い止めるためにも、放っておかずに診察を受けてください。

コメントする